トークメーカーにて公開中の作品「ゲームオーバー」がTOP10(月間)入りしました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【PR】私の開発した謎解きゲームです。ぜひ、遊んでみてください。
謎解きゲーム『メモ帳の謎 1st season』

Gameover

トークメーカーというウェブサイトにて公開中の作品「ゲームオーバー」が月間ランキングTOP10入りすることができました。読者の皆様、ありがとうございます。読者の皆様にお伝えしたいことがあります。

data-ad-format="rectangle">

月間でTOP10入りしたことについて

月間での最高は7位でした。アクセス数も私のブログよりも多い!どうしてこうなった!

正直、そこまで行くとは思いませんでした。書いていた時はお気に入りなどの通知設定をしていました。あまり読者も少なかったと思います。

ある日、トークメーカーさんのアクセス数が増えたとの情報があり、更新してみると確かに増えたかなという感じではありましたが、通知はさほど変わらず。

ある日、たくさんの通知メールが来るようになったことから、通知はオフにしました。そこからアクセス数が増えたのかなと感じました。

ゲームオーバーについて

トークメーカーにて公開中の「ゲームオーバー」はあるレトロアクションゲームのステージ1で24時間以内に5000回穴に落ちると異世界への扉が開かれるという都市伝説的なものに主人公が挑戦し、その様子を実況動画配信するという物語です。

スポンサーや、インターネットの掲示板や、動画へのコメントなども登場します。

ゲームオーバー

あるレトロアクションゲームについて

あるレトロアクションゲームは物語では「オールドブラザーズ」。参考にしたのはファミリーコンピュータで発売された人気アクションゲーム「スーパーマリオブラザーズ」です。

つまり、作品に登場するゲーム開発会社もそういうことになります。私はマリオが好きなのです。ごめんなさい。

本作を書いた理由

本作の元ネタは2016年夏にスマホで激ムズアクションゲームを作る際のネタとして書いていました。アクションゲームなのに長いオープニングがある・・・。

ひたすら穴に落ちるアクションゲームです。誰がプレイするのだろうかとは考えずにヒットするかなと思っていました。ただ、アプリの開発は行いませんでした。

2017年になると、2015年くらいから始まったスマホメディアのゆくえが・・・となり、どうするかなと考え始めました。トークメーカーというのを知ったのもその時でした。できたばかりなのでチャンスはあるかも・・・。ということで書き始めたのです。

連載が終わるのはいつになるのかはわかりませんが、形にはしたいと考えています。

ゲームオーバー以外に書き始めた作品

戦国時代を舞台にした物語を書きたいなと考えていたのですが、気付いたらホラーミステリーになっていました。犯人がいない殺人事件の結末を真田刑事が佐藤警部に話すという物語。

2017年夏中には公開できるようにがんばりたいところです。

ライター:ニュー侍(Twitter,Google+

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加