【僕は戦国】こんな僕が戦国時代にハマった理由『真田丸編』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【PR】私の開発した謎解きゲームです。ぜひ、遊んでみてください。
謎解きゲーム『メモ帳の謎 1st season』

Sanadamarukan 1

 戦国時代、それは誰もが天下人を目指した時代。そんな時代を一般的にふれるのは学校教育。それで好きになるかならないかはわからないが・・・。僕は好きにはなれなかった。しかし、日々を過ごしてきた僕は2016年、運命的なドラマと出会うことになる。

data-ad-format="rectangle">
 前回までの記事はこちら。

【僕は戦国】こんな僕が戦国時代にハマった理由『スペック編』

【僕は戦国】こんな僕が戦国時代にハマった理由『中高校時代編』

【僕は戦国】こんな僕が戦国時代にハマった理由『大学時代編』

【僕は戦国】こんな僕が戦国時代にハマった理由『倍返し編』

 2016年、NHK大河ドラマ「真田丸」が始まった。真田信繁(幸村)の生涯を描くドラマだ。第1話を見たときに感じたことは特になかった。というか10話くらいまで真面目に見ていなかったのだ。ダラダラと見ていた。ただ、見ていて気になるキーワードなどはネットで検索していたりしていた。武田勝頼とか・・・。なんで真田なのに武田勝頼なの?って・・・。戦国時代の時代背景をまったく理解していない僕は歴史の流れを知りたいなと感じ始めた。

 そこで購入した本が「もう一度読む」シリーズの日本史。戦国時代に関する情報は少なかったが、少しだけ理解した。学校で使っている資料集的なものも購入し、イメージも頭に入れた。

 ここでドラマの話に戻る。序盤は真田昌幸の智略が光った物語が展開されていた。僕の中の戦国時代のイメージが崩壊した瞬間だった。戦国時代と言えば合戦。やるかやられるかの世界。首をとれば勝ち、とれなければ意味がない。智将、真田昌幸はすごかった。策がすごかったのだ。

 もう僕は戦国時代に夢中になっていた。周りを見ることができなかった。とだいたいこんな感じで僕は戦国時代にハマりました。もしかしたら僕も策に引っかかってしまったのかもしれませんね。

 ちょこっと番外編ということで。たまたま刊行された戦国時代の雑誌、「戦国王」を集めることになるのです。次回は番外編として「戦国王編」をお送りする予定です。お楽しみに。

ライター:ニュー侍(Twitter,Google+

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加