【僕は戦国】こんな僕が戦国時代にハマった理由『大学時代編』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【PR】私の開発した謎解きゲームです。ぜひ、遊んでみてください。
謎解きゲーム『メモ帳の謎 1st season』

Bokusen 3

 戦国時代・・・。中学、高校と歴史の勉強で少しだけふれた僕は大学へと進んだ。進んだ学部は工学部、情報工学科だ。

data-ad-format="rectangle">
 前回までの記事はこちら。

【僕は戦国】こんな僕が戦国時代にハマった理由『スペック編』

【僕は戦国】こんな僕が戦国時代にハマった理由『中高校時代編』

 情報工学と言えばコンピュータに関することを学ぶ。学ぶ内容はプログラミング言語やコンピュータがどう動いているのかの仕組みなどだ。選択する科目によっては憲法なども学ぶことができた。しかし、日本史のような科目はなく、ふれることはなかった。

 学生時代にプレイしていたゲームは、パソコンゲームの「Age of Empire」や「Counter Strike」やMMORPGなどを主にプレイしていた。しかし、何かの間違いでとあるゲームを買ってしまうことになる。

 購入した理由を思い出せないが「戦国無双」というPS2で発売されていたゲームを買った。自分から買ったのではなく紹介されて買った気がする。当時、無双シリーズをプレイしたのは初めてではなく、高校時代に三国無双を少しだけプレイした記憶が・・・。

 戦国無双をプレイした僕は戦国時代に興味を示すということはなかった・・・。大学卒業前には戦国BASARAというゲームも発売されてプレイしたが、そのスタイリッシュなアクションと、独特な世界観には驚かされた。が、それでも戦国時代にはハマらなかった。

 そして、社会人となった僕はあるドラマと出会うことになる。次回は『倍返し編』をお送りする予定です。お楽しみに。

ライター:ニュー侍(Twitter,Google+

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加