【僕は戦国】こんな僕が戦国時代にハマった理由『中高校時代編』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【PR】私の開発した謎解きゲームです。ぜひ、遊んでみてください。
謎解きゲーム『メモ帳の謎 1st season』

Bokusen 2

 戦国時代・・・。それは過去のことである。現在を生きている僕にとっては何も関係がないかもしれない。つまり、知っても意味のないことなのかもしれない。しかし、僕はあるドラマを見て戦国時代にハマってしまった。

data-ad-format="rectangle">
 前回の記事はこちら。

【僕は戦国】こんな僕が戦国時代にハマった理由『スペック編』

 誰もが戦国時代にふれるできごとと言えば、やはり学校教育かなと思います。小学生で簡単に歴史にふれ、中学生でちょっと深く、高校生では学校によってより深いことを学ぶ。小学生のときは期末テキスなどがなかったため、成績を気にしたことはなかった。

 中学高校では期末テストがあり、成績を気にする必要がでてきた。社会=暗記科目と言われるような教育で僕にとっては好きになれなかった。いいくにつくろう鎌倉幕府とか、そんな語呂合わせで歴史にふれていた。

 当然、勉強する側にとってみればおもしろくなかった。頭にひたすらたたき込むだけ。言い方は悪いけど。僕は歴史というか社会という科目を好きになれなかった。好きにはなれなかったが、高校生のときは日本史の点数は80点台とまぁまぁな成績をおさめた。こんな点数が取れたのは一夜漬けしたからかなと思う。

 そして僕は理系(情報工学)の大学へと進み、あるゲームと出会う。次回は『大学時代編』をお送りする予定です。お楽しみに。

ライター:ニュー侍(Twitter,Google+

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加