真田丸40話「幸村」を見たお話。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【PR】私の開発した謎解きゲームです。ぜひ、遊んでみてください。
謎解きゲーム『メモ帳の謎 1st season』

Sanada39 1

NHK大河ドラマ「真田丸」の40話「幸村」を見ました。幸村と言えば一般的に知られている真田信繁の名前です。軍記物などで人気になり、今では真田幸村という名前で愛されるようになったとのこと。

data-ad-format="rectangle">
40話では徳川が攻めてくるから二度も徳川を破った真田に大坂城に入城してほしいと。信繁は九度山での平穏な生活を送っていました・・・。その生活を捨てて大坂に行くのか、行かないのかの葛藤が始まります!

大坂城に入城することを決断するのですが、それにいたった過程がすばらしかったのでぜひ、再放送などで見てほしいです。

で、ここまで来て幸村の名前はどこからという話になるのですが。真田丸では兄が捨てた「幸」の字を拾い、「村」の字はくじで決めました。つぼの中に信繁に関わる文字を入れて、息子である真田大助(幸昌)にひいてもらい出てきたのが村。九度山村の村かなと。

ということで名前が決まりました。幸村の名前以外にも国家安康の文字とかいろいろ・・・。インターネットで調べているのですが、奥が深い深い。

「家康の文字が分断しているとは何事だ!」ということとか難しい。

家康を斬れば、国が安らかになるともとれる。実に奥が深い言葉です。

41話ではいよいよ大坂城に入城します。とっても楽しみですね。

ライター:ニュー侍(Twitter,Google+

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加