真田丸38話「昌幸」を見たお話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【PR】私の開発した謎解きゲームです。ぜひ、遊んでみてください。
謎解きゲーム『メモ帳の謎 1st season』

Sanadamaru38

NHK大河ドラマ「真田丸」の第38話「昌幸」を見たニュー侍でございます。真田親子の九度山での蟄居生活、タイトルの通り・・・。

data-ad-format="rectangle">
というわけで感想ですが、真田親子が蟄居されている間にも日本は動いており、徳川家康がどんどん出世してきましたね。秀頼公については実に頼もしい、存在感も抜群。一瞬、秀吉に見えました。家康と謁見した際、過去の文献によれば徳川方は秀頼公のかしこさに驚いたとかあるそうです。

加藤清正の最後も描かれました。ナレーションですが。ちょっと気になって熊本城という難攻不落の城を築いた清正の最後とはどんなものだったのかをネットで調べたのですが、だいたいドラマのとおりなのかなと思います。病で倒れる。清正の最後って戦場かなと思っていたので驚きでした。

大切なことなので。石田三成が加藤清正に耳打ちしていた内容が明かされましたね。これはぜひ、ドラマで見てほしいです。大切なこと。

戦国時代、非常に奥が深い時代です。

ライター:ニュー侍(Twitter,Google+

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加