【週刊】ビジュアル戦国王第12号を購入。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【PR】私の開発した謎解きゲームです。ぜひ、遊んでみてください。
謎解きゲーム『メモ帳の謎 1st season』

Sengokuoh12

ハーパーコリンズ・ジャパンから刊行されている「ビジュアル戦国王」の第12号を購入しました。

data-ad-format="rectangle">

表紙の武将

・加藤清正
・細川勝元
・長宗我部元親

目次

【戦国王の合戦】
・慶長の役

【戦国王の家】
・長宗我部家

【戦国王列伝】
・加藤清正
・細川勝元
・柳生宗矩
・明智光秀
※すべての情報ではありません。全号集めることで詳細にわかると思います。

【戦国王の城】
・肥前名護屋城

【戦国全合戦一覧】
・豊臣秀吉の九州平定

【戦国ビジュアル辞典】
・東山文化

感想

すでに13号が発売され、明日には14号が発売という今日ですが、ようやく読み終わりました。定期購読にしたのですでに13号と14号が手元にあります。これからゆっくりと読みたいと思います。

さて、本誌のレビューです。戦国王の合戦では「慶長の役」がとりあげられました。秀吉が天下統一後に起こった明国での戦い。秀吉没後に日本軍は撤退しました。その後、何が起こったのかは皆さんが知るとおりです。

戦国王列伝では「加藤清正」が紹介されました。賤ヶ岳の七本槍、熊本城を建築した大名。真田丸にも出てきますが、彼はどんなことをしてきたのかはドラマでは描かれませんので本誌でチェック。

戦国王の城では「肥前名護屋城」が紹介されました。秀吉が天下統一後、明国に攻めるためにつくられた拠点。日本各地から武将がここに来て大陸へと渡りました。この特集を見た後に「戦国王の合戦」を見るのがおすすめ。

戦国全合戦一覧では「豊臣秀吉の九州平定」、戦国ビジュアル事典では「東山文化」がとりあげられました。合戦一覧はどんなことがあったのかをまとめてみることができるので気になったら読んでみてください。

13号を読み終えたらレビューを書きたいと思います。それでは。

※中の人は戦国時代とか日本史に弱いのをご理解していただけると幸いです。大河ドラマも真田丸から入って、戦国時代にはまったのも真田丸がきっかけなので。これから少しずつ勉強します。

ライター:ニュー侍(Twitter,Google+

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加