真田丸35話「犬伏」の感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【PR】私の開発した謎解きゲームです。ぜひ、遊んでみてください。
謎解きゲーム『メモ帳の謎 1st season』

Inubushi 3

NHK大河ドラマ「真田丸」にて真田家にとって、最も有名なお話である犬伏の別れが描かれました。

data-ad-format="rectangle">
犬伏の別れとは天下分け目の戦いである関ヶ原の戦いの前に、真田家が豊臣家、徳川家のどちらにつくのかを決めるお話です。

結論から言えば豊臣家には信繁と昌幸、徳川家には信幸がつくことになります。どちらが勝っても真田家は残るという・・・。

結果は歴史の教科書で習ったとおりで、徳川家が勝ちます。豊臣家についた信繁、昌幸は自刃せよとのことでしたが、信幸と徳川四天王である本多忠勝のおかげで命は助かり山へと・・・。とまぁ、だいたい関ヶ原はこんな感じ。

さて、犬伏の感想ですがおもしろかったです。正直、泣けるんじゃないかとか思っていてハンカチも用意していたのですが、そういうのは必要なかったです。真田丸を見ていてまだ犬伏を見ていない方は急いで見た方がいいです。はい。それ以上は何も書きません。

とまぁ、ここからは関ヶ原の戦い、そして真田信繁が日本一の兵(ひのもといちのつわもの)と言われることになる大坂の陣が待っています。楽しみですね。

※私は日本の歴史に弱いのでうまいことが書けません。少しずつ勉強しているので応援していただけると幸いです。今後も真田丸の感想を書くかもです・・・。

ライター:ニュー侍(Twitter,Google+

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加