【個人メモ】ツクールMVでテストプロジェクトをシミュレータで実行してみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【PR】私の開発した謎解きゲームです。ぜひ、遊んでみてください。
謎解きゲーム『メモ帳の謎 1st season』

Tkoolmv160824

RPGツクールMVで適当につくったプロジェクトをシミュレータで動かしてみました。パソコンのスペックにもよるのかもしれませんが重かったです。実機だと軽くなるのかなと思うので、次は実機で試してみたいところです。

data-ad-format="rectangle">
以下は作業メモです。このとおりにやったからといってうまくいくかはわかりません。自己責任で。

1.Node.jsのインストール。下記サイトにてパッケージをダウンロード&インストール。v6.4.0 Currentをダウンロードした。

$ https://nodejs.org/en/

2.Node.jsインストール後、下記コマンドでバージョン情報が表示されることを確認した。

$ node -v

3.Cordovaのインストール。下記コマンドを実行した。

$ sudo npm install cordova -g

4.Cordovaインストール後、下記コマンドでバージョン情報が表示されることを確認した。

$ cordova -v

5.XcodeをMac App Storeからインストール。

6.Xcodeを起動してXcodeメニューの「Preferences…」を開き、「Locations」でコマンドラインツールが使えることを確認した。

7.ios-simをインストール。下記コマンドを実行した。

$ sudo npm install ios-sim -g

8.ios-simインストール後、下記コマンドでバージョン情報が表示されることを確認した。

$ ios-sim –version

9.ツクールMVでゲームを書き出す。ファイルメニューの「デプロイメント…」を開き、「Android / iOS」を選択して書き出した。

10.下記のコマンドを実行し、Xcodeのプロジェクトを作成した。

$ cordova create ~/Desktop/work com.example.sample Sample

11.Cordovaで使用するiOS固有ファイルを下記コマンドで追加した。

$ cd ~/Desktop/work
$ cordova platform add ios

12.ios-simを下記コマンドを実行して起動した。

13.ツクールMVでデプロイメントしたデータをworkフォルダ内のwwwフォルダへコピーした。

14.wwwフォルダ内にあるindex.htmlファイルをにある<body style=”background-color: black”>タグの下に下記を追加した。

<script type=”text/javascript” src=”cordova.js”></script>

15.workフォルダ内にあるconfig.xmlファイルにある<platform name=”ios”>タグの下に下記を追加した。

<preference name=”orientation” value=”landscape” />

16.workフォルダ内にあるconfig.xmlファイルにある<access origin=”*” />タグを削除した。

17.各設定が終わったので下記コマンドを実行してビルドした。

$ cordova build

18.下記コマンドでエミュレータを起動してゲームがプレイできることを確認した。

$ cordova emulate ios

※RPGツクールMVにあるヘルプを参考にやってみました。詳細に書いてあるのでツクールMVを持っている方はチェックしてみてください。

ライター:ニュー侍(Twitter,Google+

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加