【週刊】ビジュアル戦国王第7号を購入。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【PR】私の開発した謎解きゲームです。ぜひ、遊んでみてください。
謎解きゲーム『メモ帳の謎 1st season』

Sengokuou7 1

ハーパーコリンズ・ジャパンから刊行されている「ビジュアル戦国王」の第7号が発売されたので購入しました。

data-ad-format="rectangle">

表紙の武将

・井伊直政
・三好長慶
・大友宗麟
・徳川家康

目次

【戦国王の合戦】
・厳島の戦い

【戦国王の家】
・三好家

【戦国王列伝】
・徳川家康
・大友宗麟
・井伊直政
・織田信長
※すべての情報ではありません。全号集めることで詳細にわかると思います。

【戦国王の城】
・飯盛城

【戦国全合戦一覧】
・畿内近国の関ヶ原

【戦国ビジュアル辞典】
・金貨

感想

Sengokuou7 2

ここ最近のゲーム販売・配信ラッシュに対応していた結果、読む時間が取れなかったのですが、何とか読み終えることができました。気温も夏らしく暑くなってきましたが、ファイルも厚くなってきましたね。

さて、本誌の内容の感想を。戦国王の合戦では「厳島の戦い」が取り上げられました。厳島と聞くと神社が有名ですね。ということは海戦が繰り広げられたようです。細かい戦況などは本誌でチェック。

戦国王列伝では「徳川家康」のプロフィールと人質時代の生活が紹介されていました。統一を成し遂げた家康にも大変なときがあったんだなと思いました。人生いろいろあるなぁ。あと、気になったのは「井伊直政」です。来年の大河ドラマは「井伊直虎」が主役なのでこの機会に勉強しておきたいところ。

戦国王の城では「飯盛城」が紹介されました。このコーナーでは自分の知らないお城がたくさん出てきて勉強になります。そこで過ごした武将のデータが早くほしいです。

次号予告

さて、ここからは8号のお話です。第8号では「賤ヶ岳の戦い」が特集されます。織田家を乗っ取ろうとした秀吉の戦いだそうです。そのような戦いがあったとは・・・。

戦国王列伝では本多忠勝、斎藤道三、長宗我部元親、千利休、上杉謙信が紹介されます。本多忠勝は真田丸にも出てくる武将ですね。どのようにして徳川四天王になったのでしょうか。

戦国王の城では水軍城、戦国全合戦一覧では大坂の陣、戦国ビジュアル辞典では浄土真宗が紹介されます。8月号の発売が楽しみですね。それでは!

※中の人は戦国時代とか日本史に弱いのをご理解していただけると幸いです。大河ドラマも真田丸から入って、戦国時代にはまったのも真田丸がきっかけなので。これから少しずつ勉強します。

ライター:ニュー侍(Twitter,Google+

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加