【週刊】ビジュアル戦国王第3号を購入。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【PR】私の開発した謎解きゲームです。ぜひ、遊んでみてください。
謎解きゲーム『メモ帳の謎 1st season』

Sengokuou3 1

ハーパーコリンズ・ジャパンから刊行されている「ビジュアル戦国王」の第3号が発売されたので購入しました。

data-ad-format="rectangle">
Sengokuou3 2

3号までをバインダーにファイリングしたところ。厚くなってきましたね。

目次

【戦国王の合戦】
・関ヶ原の戦い

【戦国王の家】
※今週号はなし

【戦国王列伝】
・徳川家康
・織田信長
・北条早雲
・真田信繁
※すべての情報ではありません。全号集めることで詳細にわかると思います。

【戦国王の城】
・竹田城

【戦国合戦一覧】
・長宗我部元親の四国統一

【戦国ビジュアル辞典】
・楽市楽座

感想

天下分け目の戦いである「関ヶ原の戦い」が特集されました。歴史の授業やテレビなどで名前くらいは知っていたけど、詳しいことはあまり知りませんでした。有名な戦い、天下分け目の戦いなのにわずか半日で決着とかだったそうです。

詳しく見れば調略なども行われていたので長い戦いだったと思います。石田三成が敗れ、天下をとった豊臣家が・・・という流れ。戦国時代っていろんなことがありますね。奥が深い。

北条早雲や真田丸で絶賛活躍中の真田信繁についても紹介されていました。信繁、幸村がなぜ誕生したのかというのが書いてありおもしろかった。歴史だけを見ると信繁はあまり目立たないですからね。現在の人気も幸村という男が誕生したからかなと思います。

戦国王の城では「竹田城」が紹介されていました。天空の城として有名になりましたが、当時はどのような姿だったのだろうかと思いふけってしまいました。

次号予告

さて、ここからは第4号のお話です。第4号では「川中島の戦い」が特集されます。上杉謙信と武田信玄の戦い。これは楽しみですね。戦国王の家は「北条家」です。最後まで秀吉と戦った家ですね。

他にも真田信繁、石田三成、毛利元就、豊臣秀吉などが特集されます。また、戦国王の城では「姫路城」です。

それでは。

※中の人は戦国時代とか日本史に弱いのをご理解していただけると幸いです。大河ドラマも真田丸から入って、戦国時代にはまったのも真田丸がきっかけなので。これから少しずつ勉強します。

ライター:ニュー侍(Twitter,Google+

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加