新学期なのでドクターグリップ(太さ0.3と0.9)を買ってみた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【PR】私の開発した謎解きゲームです。ぜひ、遊んでみてください。
謎解きゲーム『メモ帳の謎 1st season』

150404 doctorgrip 1

こんにちは、こんばんは、ニュー侍です。本日はシャープペンを購入したのでご紹介したいと考えています。購入したのは書いていて疲れにくいシャープペンとして人気のあるドクターグリップです。学生とかに人気がありますよね。その芯の太さが0.9と0.3が出ていたのを知り気になり購入してみました。

data-ad-format="rectangle">
150404 doctorgrip 2
こちらが太さ0.9のドクターグリップとなります。写真の写りが悪くてわかりにくいかもしれませんが芯は太いです。0.9は勢いで買いました。

150404 doctorgrip 3
こちらが太さ0.3のドクターグリップです。こう見るとやっぱり0.3は細いですね。細い方が好きなのでメインで使うと思っています。

150404 doctorgrip 4
比べて見るとやっぱり太さは違いますね。0.6も違うと私だって違いに気付きます。

150404 doctorgrip 5
自宅にあるシャープペンで芯の太さが0.2から0.9のもので線を書いてみました。0.2と0.3はほとんどわかりませんね。0.5は安定感があります。0.9はマークシートや殴り書きにいいかも。

150404 doctorgrip 6
0.3と0.9で文字を書いてみました。0.9はまだ慣れていないのであれですが、0.3は書きやすいですね。

ドクターグリップなのでフレフレ機能が付いています。本体を振ると芯が出てくる機能ですね。芯の出し方としてはフレフレ機能が画期的ですよね。クルクル回って芯の太さが変わらないクルトガも画期的ですが、振って芯が出てくるというのは初めて使ったときすごいなと思いました。(10年以上前の話だね。)

昔から文房具が好きなので、これからも少しずつ紹介できたらいいなと思っています。

ライター:ニュー侍(Twitter,Google+

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加