2013年、『メモ帳の謎』が行ったこと。応援ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【PR】私の開発した謎解きゲームです。ぜひ、遊んでみてください。
謎解きゲーム『メモ帳の謎 1st season』

 今年もNexpe Appsとしてリリースしたアプリ『メモ帳の謎』を応援いただきありがとうございました。オールドとオルネの活躍が2014年も書けるように、これからも少しずつ頑張りますので、引き続き応援いただければ幸いです。

 2013年に『メモ帳の謎』で行った施策を振り返ってみたいと思います。

メモ帳の謎(新感覚、謎解きゲーム)
カテゴリ: ゲーム, アドベンチャー, パズル
価格: 無料


data-ad-format="rectangle">

メモ帳の謎で行った施策

Google Playでのリリース

 『メモ帳の謎』をAndroidでリリースするのはあきらめていました。あきらめていた理由としては開発環境がうまく動かなかったからです。ただ、本は買いました。なので、どうにかして作ることはできないかと思い、何度かトライした結果、環境構築に成功しリリースすることができました。

 今現在は第1話のみプレイできる状況で、2014年は少しずつ増やしていこうと考えています。Google Playでの総ダウンロード数は3000DLです。売り上げは月600円くらいです。

ユニバーサルアプリ化

 今まではiPhoneは無料、iPadは有料という形でリリースしていましたが、ユニバーサルアプリにしました。もちろん無料です。ユニバーサル化によりiPhoneのApp Storeではカテゴリーランキングに表示されないものの、iPadの方では表示されるようになり、ダウンロード数に少なからず影響はあったと思います。

 ユニバーサルアプリ化するにあたって、ストーリーが進むのが遅くなって読者の皆様には大変ご迷惑をおかけしました。

アプリ名の変更

 最近、アプリ名を『メモ帳の謎』から『メモ帳の謎(新感覚、謎解きゲーム)』に変更しました。アプリ名を変更したことにより得られた恩恵は大きかったです。今までは1日に10DLされるくらいでした。アプリ名変更後は1日に100DL以上はされるようになりました。

 アプリ名に謎解きゲームであることが明確にわかるようになったのがダウンロード数に影響を与えてくれたと考えています。

メモ帳の謎での反省

ストーリーについて

 繰り返し遊べるようにストーリーを付けた謎解きゲームにしましたが、なかなか繰り返して遊んでいただけていないように感じています。過去の作品に伏線をはったりしています。例えば「ブラックデー」というキーワードは過去作品で「BD」として出ています。

 何度も繰り返し遊んでもらえるように、もう少し工夫をしなければいけないと考えています。

更新間隔について

 月に1話は必ず更新することを目標に開発をしてきましたが、2ヶ月くらい空白の時間ができてしまって申し訳ないと思いました。2014年は空白の時間をなるべく減らせるように頑張りたいです。

マネタイズ(収入)について

 収入はあまり伸ばせることができませんでした。2014年は何とかしたいと考えています。広告は増やしたくないので、気付いてもらえるような箇所に適切に配置していければと思っています。

最後に

 2014年はメモ帳の謎を電子書籍としてリリースしたいと考えています。それはストーリーをより楽しんでもらうためです。また、Android版の更新やKindle Storeでのリリースも視野に入れて活動して参ります。
※2014年の肩書きは「NazO Game Creator(謎のゲームクリエイター)」です。

今後ともNexpe Appとメモ帳の謎の応援をよろしくお願いします。

記事について

この記事はするぷろというiPhoneアプリを使って書きました。

するぷろ for iOS(ブログエディタ)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 仕事効率化
価格: ¥500



iPhoneアプリ『メモ帳の謎』もよろしく お願いします。

メモ帳の謎(新感覚、謎解きゲーム)
カテゴリ: ゲーム, アドベンチャー, パズル
価格: 無料


ライター:ニュー侍(Twitter,Google+

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加