2013.07月の読書記録。三冊しか読めなかった。猛省している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【PR】私の開発した謎解きゲームです。ぜひ、遊んでみてください。
謎解きゲーム『メモ帳の謎 1st season』

 2013年7月に読んだ本は3冊だけでした。あと1冊読めばノルマクリアなのですが、すごく反省しております。さて、何を読んだのかをご紹介したいと思います。

・三毛猫ホームズの駈落ち
・三毛猫ホームズの恐怖館
・白夜行

data-ad-format="rectangle">

 三毛猫ホームズシリーズについてはKindleで寝る前に読んでいます。暗くした部屋でKindleの画面だけが薄く光っています。そんな中でミステリー作品を読む。最高にいいじゃないかというわけです。三毛猫ホームズシリーズに関しては小説なんだけど、漫画みたいに手軽に読めるのがいいかなと思っています。
 固くないんですよ。やわらかいんです。ホームズがね。そりゃ、猫だからやわらかいか。

 白夜行は東野圭吾さんの作品です。文庫本なのに800ページくらいあったかな。こんな読めるかいと思って読み始めたのですが、物語の面白さにはまってしまい、最後まで読んでしまいました。最後まで読んだ結果、「ジグソーパズルが完成したと思ったら、一瞬で壊れた。」という意味不明な感想を持ちました。

 説明すると本を読み進めることがパズルを組み立てることです。で、最後まで読むわけです。読み終えると、パズルが壊れてしまったのです。何度、これでいいのか、これでいいのかと思いましたが、これでよかったんだろうなと最近考え始めました。
 白夜行は映画やドラマでも公開されたので多くの方が知っている作品ですね。よい作品なので、読んだことない人は是非、読んでみてください。





ライター:ニュー侍(Twitter,Google+

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加