iPhoneアプリ開発状況。メモ帳の妖精「ねくすけ」との約束と「メモ帳の謎17」について。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【PR】私の開発した謎解きゲームです。ぜひ、遊んでみてください。
謎解きゲーム『メモ帳の謎 1st season』

メモ帳の謎7submit 1

 iPhoneアプリ「メモ帳の謎」をプレイして頂き、ありがとうございます。次回アップデートで更新される内容について情報を公開いたします。

・「謎を解く」に『メモ帳の謎17』を追加
・「攻略」に『メモ帳の謎16』を追加
・トップシークレット ※アップデートを待てっ!(侍のメモ帳を読まない人向け。)
・「iPhone Games|iPhone ゲームアプリの攻略サイト」様のサイト名が「iPhoroid|iPhone&Androidゲームアプリの攻略サイト」に変更となりましたので各攻略記事へのリンクを対応(http://www.iphoroid.jp/)

メモ帳の謎 App
カテゴリ: ゲーム
価格: 無料(記事掲載時)

 さて、私はメモ帳(テキストエディタ)で「メモ帳の謎17」を書き終わったときに、メモ帳に再び、あいつが現れたんだ。そのやりとりを公開したい。

data-ad-format="rectangle">

そう、あいつとは、あいつのことだ。メモ帳の妖精「ねくすけ」だ。



ねくすけと言えば「あるプログラマの体験」で初登場したキャラクターだ。そんなあいつが、現れたんだ。信じてほしい。これは本当の出来事だ。メモ帳に妖精がいるとか嘘だと思うだろう。本当にいるのだ。私には見えるのだ。

脱出ゲーム:あるプログラマの体験 App
カテゴリ: ゲーム
価格: 無料(記事掲載時)

ねくすけ:てんてけてーん♪久しぶりだね。侍さん。

ニュー侍:ぬぉ?どうしたの急に?ねくすけ?

ねくすけ:そうだよ、ねくすけだよぉー。僕のこと忘れたの?

ニュー侍:んー、忘れたかも(笑)。

ねくすけ:えーん。ひどいよー。僕がいなかったら「メモ帳の謎」作れなかったじゃない。

ニュー侍:うそだよ。うそ。私はずっと君に会いたかったんだよ。

ねくすけ:本当?信じていいの?

ニュー侍:あぁ、いいさ。

ねくすけ:ありがとう。侍さん、メモ帳の謎17執筆お疲れ様。それでね、お願いがあるの。

ニュー侍:いえいえ、君のおかげだから。何でも言ってみなさい。

ねくすけ:僕のアプリを作ってほしいの?

ニュー侍:えっ、マジ?メモ帳アプリでいいのかな?

ねくすけ:うん。僕はメモ帳の妖精なんだ。だからメモ帳でいいよ。でも、ただのメモ帳じゃ嫌だよ。

ニュー侍:そうか。わかった。いろいろと考えてみるよ。

ねくすけ:ありがとう、侍さん。楽しみにしてるよ。あと、僕を「メモ帳の謎」のどこかで使ってほしいの。

ニュー侍:いいよ。使うよ。全力で使うよ。

ねくすけ:わーい。楽しみ。ありがとう。じゃあ、また会おうね。

ニュー侍:あぁ。また会おう、ねくすけ。

そんな感じで「ねくすけ」と約束をしてしまいました。本当にいるんだよ。メモ帳の妖精は!信じてほしい。

ということで、「メモ帳ゲーム公式サイト」を確認してみてね。約束だよ。

メモ帳ゲーム | メモ帳がゲームになった!

ライター:ニュー侍(Twitter,Google+

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加