次回作のオープニングを少しだけ公開。タイトルに「脱出ゲーム」は入れない!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【PR】私の開発した謎解きゲームです。ぜひ、遊んでみてください。
謎解きゲーム『メモ帳の謎 1st season』

 4月末から5月上旬に配信予定のNexpe Appsの最新謎解きゲームのオープニングを公開いたします。オープニングがあると言うことはもちろん、エンディングもある。謎解きゲームのテーマは上記グラフィックのとおり。

 タイトルに脱出ゲームは入れないが、タイトルはまだ公開できない。ただ、これだけは言える。このゲームに「愛」や「ハート」はある。

 それでは、オープニングをお楽しみください。

data-ad-format="rectangle">
 僕の名前は太郎。小学校6年生だ。最近、学校である駄菓子屋が話題になっていた。▼

不思議なガチャがあるらしい。しかし、誰も行ったことがないらしい。その駄菓子屋は必ず開いているとは限らない。▼

行こうと思うと開いていなくて、行こうとは考えていなくて、お金がない時に限って開いている。▼

ある日、僕はゲームに夢中になり宿題をするのを忘れ、居残り勉強をすることになった。居残り勉強が終わると、もう日が暮れかけていた。▼

「急いで帰らないと。」▼

道を歩いていると、あの駄菓子屋がやっていた。今、お金がない。入っても何もできない。▼

考えていると前から大きな犬がやってきた。僕より大きい犬を飼い主が連れてやってきた。僕は犬が嫌いだ。襲われるかもしれない。そう思った僕はお店の中に入り、ドアを閉め、犬が通り過ぎるのを待った。▼

お店の中は不思議なにおいがした。▼

「すごく、気持ちがいい。」▼

僕はそのまま、眠りについてしまった。▼

僕は目を覚ました。気持ちよく眠りすぎた。もう夜になっていた。お母さんに怒られる。急いで帰らないと。僕は店から出ようとした。▼

「開かないっ!!開けゴマ!!」▼

僕は大声で叫んだ。僕は興奮していた。ドアは開かなかった。ドア越しに映る風景に人影はない。なぜなら、人気のない裏路地にある店だからだ。どうにか店から脱出できないかと店を見ていると、手紙が置いてあった。▼

※この続きはアプリリリースをお待ちください。今後とも、Nexpe Appsをよろしくお願いいたします。

ライター:ニュー侍(Twitter,Google+

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加