iPhoneアプリ開発のネタメモ用紙を公開してみる。[Give me a Graphicer.]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【PR】私の開発した謎解きゲームです。ぜひ、遊んでみてください。
謎解きゲーム『メモ帳の謎 1st season』

Title start

 たぶん、来年公開されるであろう世界一簡単な脱出ゲーム『天使か、悪魔か。』のネタを書いたメモ用紙やノートを公開してみようと思う。たぶん、書いた時間はトータルで2時間くらい。開発にはグラフィックも書いたりしたので、時間がかかって1週間くらい。あとは、テストですね。

data-ad-format="rectangle">

 ネタを考えると、1日で謎1問しか作れないという日もあったので、最近は考えないようにしている。なんかぼーっとしていると頭に何かが浮かんできたりする。浮かんできたものを、基本的にメモ帳に書き殴る。

 酔っているときほど、アイデアが「ぽんぽん」出てくるという。そう、自分に酔っているとき・・・。(嘘)

IMG 2751

 『天使か、悪魔か。』のネタ用紙。この時点でのタイトルは「1DKからの脱出」。世界一簡単にする気はなかった。むしろ、難しくしてやろうかと・・・。だが、それでは面白くないと思った。

IMG 2752

 このルーズリーフ1枚にはストーリーが書かれている。ストーリーを考えた終わったときにタイトル『天使か、悪魔か。』になった。

 ちなみに、メモ用紙の裏は基本的に何も書いていない。何も書かない理由は、あとで追加したいこととかあるかもしれないから。

 という感じでアプリのネタを書いている。最終的にメモ用紙は電子化されずに、そのまま放置されるか、灰になるか、どちらか。電子化することも考えたいなと思っていたりします。

 今書いている「無人島からの脱出(仮)」も、まずはメモ用紙に思いついたことをひたすら書いています。もうすぐネタ的には完成しそうです。こちらも来年1月中の公開を目指しています。

 という感じでアプリネタを作っています。来年は簡単な脱出ゲーム30本リリースしたいです。難しいのは作らない方針。本を読むように手軽に楽しめる斬新な謎解きゲームを作っていきたい。

ライター:ニュー侍(Twitter,Google+

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加