iPhoneアプリ「メモ帳の謎」開発コンセプト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【PR】私の開発した謎解きゲームです。ぜひ、遊んでみてください。
謎解きゲーム『メモ帳の謎 1st season』

 iPhoneアプリ「メモ帳の謎シリーズ」の開発コンセプトを書いてみたいと思います。なぜ、アプリのボリュームが少ないのかなどの理由がわかると思いますので、「メモ帳の謎」の読者は必読です。

data-ad-format="rectangle">

 まず「メモ帳の謎」のボリュームが短い理由ですが、長くすると途中でプレイしなくなったりとか、ちょっとした時間にプレイすることが出来なくなることがあげられます。ソーシャルゲームが成功した理由は、「ちょっとした時間にプレイ出来る」という点がありました。

ニンテンドーDSの脳トレも該当しますね。ちょっとした時間にプレイして頂きたいと思っています。例えば、「デートの待ち合わせ時間」、「カップラーメンにお湯を入れて待っている時間」、「お仕事中の昼休み」、「学生の休み時間」などにプレイして頂ければと思っています。

 次にiPhoneアプリのアイコンについてお話したいと思います。今でこそ連続推理小説みたいな感じでアプリを作っていますが、最初は1つで終わるアプリの予定で開発し、リリースしました。アイコンも絵が下手なので「謎」の一文字。リリースしてから、すぐは注目されませんでした。

しかし、各ネットメディアで紹介されたことでダウンロード数が増えて、続編化が決まりました。注目されたことによって、「アイコンにも謎を!」って言うのを青いネコ型ロボットが私につぶやいて、じゃあ、そうしようかと思いました。是非、今後リリースされるアプリのアイコンにも注目してください。

 最後に「メモ帳の謎」ではテーマが「情報漏洩」となっています。個人情報が漏洩することによってゲーム内では世界が大変になったことを描いています。現代社会において起きている情報漏洩事件において、「人が殺される」などの事件は起きていないと思っていますが、「メモ帳の謎」の世界ではそうではありません。まぁ、何が言いたいのかというと「個人情報は守ろう」という点ですね。それにつきます。

 最後まで読んで頂いた方におまけ情報として、もしかしたら闇の組織「ファースト」がいかにして勢力を拡大していったのかを描くアプリを作るかもしれません。ゲームとしてではなく、読むだけのものとしてリリースしたいと思っています。たったひとりで7000万人の巨大組織をつくった人物・・・。ちょっと気になりますね。

ライター:ニュー侍(Twitter,Google+

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加