[ぼやき]ソーシャルゲーム業界(GREE、DeNAなど)に提案したい、たった一つのこと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【PR】私の開発した謎解きゲームです。ぜひ、遊んでみてください。
謎解きゲーム『メモ帳の謎 1st season』

 ソーシャルゲームについて、私が思うことは別に悪くはないと思っています。ただひとつ提案したいことがあります。これが出来れば私はソーシャルゲーム業界も長生きするのではないかと思っています。

現状のまま運営していくと、長くは持たないでしょう。では、私がどうしてほしいのかを提案してみたいと思います。(偉そうですみません。)

data-ad-format="rectangle">

 私が提案したいこと、それは、「ソーシャルゲームをプレイ出来る年齢層をゲームごとに分けること」です。現状のソーシャルゲームは未成年も大人も同じ一つのゲームをプレイしています。それが良くないのです。

 大人は何万円も課金しようが、その人の判断なので問題ないと思っています。しかし、未成年は自分で料金を払っていないかもしれません。大人の同じゲームの世界でプレイするには不利になりますし、熱くなってたくさん課金しちゃうかもしれません。

 なので、大人と未成年、別々のゲームをプレイさせるというのはどうだろうかという提案です。ゲームシステム自体は同じで構わないと思っていますが、大人Ver.と未成年Ver.の違いは課金制度に差をつけるということです。未成年Ver.には課金システムを導入しないでプレイ出来るようにする。
 そうすると未成年Ver.では収益が見込めないということになりますが、広告をうまく使って収益を得ることを考えてもらいたいです。高校生などの間でゲームが流行れば、広告の効果は絶大だと思っています。

 そして、未成年が大人になったときに大人Ver.へ移行出来るようなシステムを用意しておけば、問題ないと思います。

 よくソーシャルゲームは健全なパチンコとか言われていますが、パチンコ・パチスロは未成年は遊戯出来ません。でも、ソーシャルゲームは年齢関係なくプレイ出来るのです。そこが問題です。本記事で、私が提案したことを無視してくれても構わないですが、未成年ユーザーの対応は真剣に考えてもらいたい。ソーシャルゲームだけでなく、ソーシャルネットワーキングサービスでも未成年への問題は難しいので、本当に考えてほしい。

 最後に、偉そうなこと言ってすみません。関係各位、申し訳ございませんでした。

ライター:ニュー侍(Twitter,Google+

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加