ゲームボーイ(ニュース侍)が影響を受けた・ハマった5つのゲーム。 #5games

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【PR】私の開発した謎解きゲームです。ぜひ、遊んでみてください。
謎解きゲーム『メモ帳の謎 1st season』

 Twitterでフォローしているゲームキャストさんが次のような記事をブログに掲載していたので、私も乗っかってみようと思います。
ゲームキャストが影響を受けた・ハマった5つのゲーム #5games

 元ネタは@ushigyuさんのブログです。Twitterでの関わりはないですけど、これを機にブログを読んでみようと思います。一期一会。
私が影響を受けた・ハマった5つのゲーム #5games

では、紹介させて頂きます。

data-ad-format="rectangle">

1.F1レース
F1レース (任天堂) – Wikipedia

 私の携帯ゲーム機にかける思いはこのゲームから始まった。ゲームボーイで迫力のあるレースゲームがプレイ出来る。ファミコンじゃないんですよ、ゲームボーイなんです。このゲームがなかったら私はゲームボーイを買っていないでしょう。

2.スーパーマリオランド
スーパーマリオランド – Wikipedia

 マリオがピーチ姫ではなくデイジーを助けに行く横スクロール型アクションゲーム。ファミコンのスーパーマリオブラザーズと似たような感じのアクション。恐らく、ゲームボーイを購入した方がこれをプレイしたことがないなんて人はいないだろうとも言えるゲームです。スーパーマリオなんだけど、シューティングゲームステージなどもあり、すごく楽しめた。今では、ニンテンドー3DSのバーチャルコンソールでプレイ出来るので、プレイしたことがない方は是非。

3.星のカービィ
星のカービィ – Wikipedia

 スマブラの生みの親、桜井さんが手がけたアクションゲーム。このカービィでは現カービィではお馴染みとなったコピー能力はなかったが、なかったなりの工夫がされていた。例えば、芋を食べるとカービィが口から何かをはくなど・・・。星のカービィの原点ともなっている名作。こちらも、ニンテンドー3DSのバーチャルコンソールでプレイ出来るので、プレイしたことがない人は是非。

4.ポケットモンスター赤・緑・青・ピカチュウ
ポケットモンスター 赤・緑 – Wikipedia

 このゲームがこの世にもし存在していなかったら、今の私はこの世に存在しないと言っても良い。今でこそ、インターネットを利用した通信交換や対戦が当たり前になったが、当時は通信ケーブルを利用して交換などをしないといけないため、友達の家によく遊びに行った。正直に言おう、俺は将来ポケモンマスターになるのが夢だ。

5.テリーのワンダーランド
ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド – Wikipedia

 ドラゴンクエスト5の主人公が主役のモンスターを育てながら、旅をするロールプレイングゲーム。私は最初、「ポケモンのパクリ」と思っていたから購入しなかったが、友達が購入してプレイしていたので購入した。そして、勉強の成績が悪くなるくらいにはまっていた。ポケモンと違う点は配合というシステムがある点かな。本作は、満を持してニンテンドー3DSへ移植されるが、モンスターを仲間にする方法が「スカウト」形式になり、ゲームボーイからのファンとしては悲しい。やはり、しもふりにくで仲間にしたいよね

ライター:ニュー侍(Twitter,Google+

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加