【コナミ日本シリーズ】中日 VS ソフトバンク 第2戦結果

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【PR】私の開発した謎解きゲームです。ぜひ、遊んでみてください。
謎解きゲーム『メモ帳の謎 1st season』

 はい、本日福岡にてコナミ日本シリーズ第2戦が行われました。各チームの先発は吉見(中日)、杉内(ソフトバンク)となっています。私は中日がエースを投入してきたので間違いなく勝てると思っていましたが、、、、そうはうまくいきませんでした。

 試合は7回表まで両チームとも点が取れない展開でした。7回表中日が1点を先制しました。しかし、その裏で1点取られてしまい追いつかれるという展開。昨日のような試合ですね。吉見は7回裏で浅尾きゅんと交代。浅尾きゅんは1点取られましたが、1死満塁をよく1点で抑えたと思えるような展開でした。さすがです。

 8回は私がお風呂に入っていたため見ていませんが、中日にチャンスはあったようですが点は入らないという展開。9回裏終わっても決着がつかないまま延長10回へ。

 「野球は2アウトから。」と言う言葉があることを皆さんはご存じだろうか。荒木内野安打、井端四球からの森野の決勝ダが生まれました。いやー、これはキターーと思いましたね。それまでの野球の展開がやはり遅いので眠かったからね。10回裏は守護神・岩瀬が投げてゲームセット。

 中日ドラゴンズが敵地で2連勝。本当にあり得ない。だって戦力は圧倒的にソフトバンクの方が上なんです。天と地の差はあると思っています。しかし、中日はしつこい野球、粘り強い野球が得意なので、あの試合が動かない展開はやはり中日のペースだったんだなーと感じております。

 まぁ、一番重要なところは監督の采配だと思いますが何故、同点で10回表、馬原をリリーフしたのか、ちょっと理解できない監督の采配がありました。馬原と言えばソフトバンクの守護神らしいので、1点でも勝っている時に登板させるべきで、ファルケンボーグを投げさせとけば中日は負けていたと思っています。そこはやはり監督の経験の差かなと思っています。

 以上、にわか中日ファンの考察でした。

ライター:ニュー侍(Twitter,Google+

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加