【ゲーム業界】日本の携帯ゲームについて考える。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【PR】私の開発した謎解きゲームです。ぜひ、遊んでみてください。
謎解きゲーム『メモ帳の謎 1st season』

 日本の携帯ゲームについて少し考えてみようと思い、コラムとして掲載。まず、自分のプレイしたゲームについてですが、ソーシャルゲームを無課金でプレイ(モバゲー、GREE)、スマホゲームもプレイ、ニンテンドー3DS向けゲームもプレイ済みです。

 日本のゲーム業界はどこへ向かっているのか。本当にこれでいいのか。

data-ad-format="rectangle">

 携帯ゲームと言えば任天堂が販売したゲームボーイシリーズが一時代を築いた。ゲームボーイで発売されたポケットモンスターというゲームが世界的大ヒットになった。任天堂はその後、ニンテンドーDSシリーズを販売。脳トレというゲームで著名なタレントを起用したコマーシャルが話題になり、圧倒的売り上げを達成する。

 時を同じくして、ソニーからプレイステーションポータブルが発売され、モンスターハンターポータブルでゲームファンの心をつかみ、成功を収める。

 現在、任天堂から発売されているニンテンドー3DS、ソニーから発売予定のPSVita。日本の携帯ゲーム市場は2社が戦いあうまさに戦場であった。しかし、そこへ待ったが入った。

 iPhone、iPod touchの登場である。アップルはゲーム機として自信を持っているようだ。App Storeという市場は手軽にゲームをインターネットからダウンロードして販売されている。これが、ゲーム機としての成功だった。家庭用ゲームにおける流通がないのである。これは大きな成功。ゲームの価格も安いし、手軽に遊べるゲームが多いため、ユーザーがiPhoneアプリへと移動した。

 その頃、時を同じくしてGREE、モバゲーが躍進する。コマーシャルは任天堂のものからGREE、モバゲーへと変わっていった。ソーシャルゲームの基本はこうだ。会員登録すれば、ゲームを無料でプレイ出来る。ゲームはソーシャルと名がついているように、ネットワークゲーム。自分が一番強くなりたければ、ゲーム内でアイテムを購入しなければならない。このアイテムが有料である。そこで利益を出している。アイテム課金ゲームとして、すでにネットゲームでは当たり前のように使われている。

 ソーシャルゲームの大ヒット、任天堂苦戦、ソニー、iPhone絶好調。続きは次回に。もちろん読むのは、無料です。

ライター:ニュー侍(Twitter,Google+

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加